始業前の障害対応に時間外申請が却下された

Pocket

こんにちわ、先日Twitterにこんな投稿をしました。

SEがブラック職場あるあるネタを投下いく形のネタ提供のタグでした。

僕としてはその近々にあった事を何気なく(脚色無しで)投下したつもりだったのですが

以外に大きな反応を頂けてびっくりしました。

此の件について、前後関係を整理していくと、

◯朝、たまたま始業前に出社していた僕は、メールサーバー障害に気づいた。別部門からも問い合わせが来ていた.

◯このままだとメールサービスが全て提供できない為、すぐに障害復旧に取り掛かり結果、始業までに障害対応を終えた。

◯通常軽微な障害や問い合わせ対応程度だと申請してこなかった所、比較的大きめの障害対応だと感じたため、突発障害対応として残業申請を行った。

これに対して、会社は「残業申請を却下」してきました。

言い分は以下

-呼び出し(緊急連絡)の記録が無い、勝手に出社して、対応していたのではないか?(T管理者発言)

-通例として、始業前の時間外作業、始業後の時間外作業は事前申請がなければ認めない(H労務担当発言)

-始業前の作業に対する残業申請がグレー(H労務担当者発言)

-そんな申請をすること自体がそもそも経営を考えていない考え方では?(T管理者・H労務担当者発言)

確かに、呼び出しはありませんでした。

しかし、ほとんどの社員は出社前でしたし、障害に気づきようがありません。

突発的な事象に対して、事前承認ができるか?出来ないかといえば出来るわけありません。

申請することが異常というのがわかりません。忖度しろと?

そもそも1分1秒単位で必要な労働が発生した場合に対価を支払うのは当然では?

始業まで障害を放置しとけというの?

良かれと思ってやれば、損をしてしまう。

恐ろしい状況です。きっとタダで何でも使えてしまうような考え方なのでしょう。

このような事が起こる以上、郷に入りては郷に従えです。環境に合わせる他ありません。
働き方を変えなければいけません。

<基本的に始業前に対応はしない、する場合は然るべきルートを通して作業を開始する>

ただ、これ現場から見たらすごく印象悪いんですよね。確実に現場と軋轢が生まれる気がします。積もり積もって最終的に業務がし難くなりそうです。

1分1秒でも復旧なんて早い方がいいに決まっているので、それをグダグダとやらないわけですから。

然るべきルートを通すのは後回しにすれば、現場も納得するかな??
僕としては皆が幸せになる選択肢を取りたいんだけど・・・

・・・とまあ、なんか受け入れ・諦めモードになっていますけど、これ

完全にブラックですよね????

今回再確認出来たのは、

数字だけや規則だけを優先する、労務担当、管理者は現場のことを考えない

色々な職場を経験してきましたが、現場に寄り添えないという点において、ここだけは何処に行っても変わらない事が再確認出来た気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする