会社に求めるものってなんですか?

Pocket

みなさんが会社や企業に求めるものってなんですか?

お金?人脈?技術を磨ける場?

突然ですが哲学です笑。

僕は20代のときは技術や人脈を得られる職場に価値観を見出していました。どれだけ辛い業務であっても「良い経験になる」と考える事ができました。いずれあとで役に立つと考える事ができました。ですが、次第に「この経験は後に役に立つか?」という形に変わっていき・・・・30代で家庭を持つと、安定や金銭に価値観が移っていって今に至ります。年齢だけじゃなく、倒産って経験するとホント萎縮しますよ、挑戦力なくなります。

残念ながら、会社が会社員としての人生を全て責任を持ってくれる時代はとうに終わりました。会社経営において会社を船に見立てれば、我々サラリーマンは「浮き」なのです。浮力がなくなった浮きは切離しというリストラに掛けられるでしょう。そのような選別を抜けても、くだらない社内政治、教育という名のイビリ(恐ろしいことに社会に出た後の方がイジメって多いですよね)色々なものを乗り越えた先の定年というゴールは大変長い道のりです。

◯サラリーマンでいるメリットってなんでしょう?

◯会社に人生を捧げる必要ってありますか?

◯幸福って自分に思い込ませるものでしたっけ?

僕自身、会社に属してるのは単純に「社会保障費」を出してもらってる事と、「世間体」

の半分半分ですかね。世間体なんてとーーってもくだらないと思いますけど

会社に人生を捧げるって言う感覚を無くして、会社が自分を面倒見てくれるって感覚を無くして会社を利用しようって感覚にしましょう!

何時でも会社組織から抜け出してもいいという状況を作るのがゴールです。残念ながら、この

そのためにどうするか?先ず会社を利用するなら会社をよく知ることです。簡単にいうとやってはならないことを知る事です。それ以外はやっていいのだから、その範囲で利用してやればいいのです。

社会は上で権力を持っている人程上手い汁を吸えるのです。パソコンですら操作がおぼつかない層がそのような立場にいます。昨今の技術の進歩に、彼らは付いてこれません。どこぞの雑誌でつけた知識で言葉を語りだし偉そうにしているだけなのです。そういった輩が組織経営した末路が最近の日本における企業不祥事に繋がっていると僕は思います。

僕もやっと四十路になる前にこの感覚に至る事ができました。環境認識は大事です。自分の立場を改めて認識して、弱者の戦いを挑みましょう!

人口減少??逆手に取りましょう競合が少なくなるじゃんくらいの感覚でいいんです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする