南房総へ行く3つのアクセス方法

Pocket

南房総へはどうやって行ったら良いの?という質問にお答えしまして、南房総へのアクセスについて書いて見たいと思います。

まずは何処に行くかを設定しましょう。目的地は南房総市にある『枇杷倶楽部」としましょうか?※枇杷倶楽部については後日記事を書こうと思います。出発地点は東京地域、神奈川地域からのアクセスを想定します。かかる時間はご自宅からの時間をプラスしてくださいね。

枇杷倶楽部の場所はこちら

如何でしょう?千葉の真南では無いにしろ、中々遠そうです。移動手段は大きく「電車」と「車」が考えられますが、電車に付いては東京駅からの特別急行列車で館山まで2時間弱の選択しか無いと言っていいでしょうから、ここでは車での手段をご紹介します。

◯高速バスを利用する場合(どちらも1時間半程度)

ー東京駅 八重洲口から高速バスを利用し、枇杷倶楽部まで直行

http://bit.ly/2v2jb4U

ー横浜駅東口から高速バスを利用し、枇杷倶楽部まで直行

http://bit.ly/2v5Wwos

どちらも直行便があります。

◯自家用車を利用する場合

ーアクアラインを利用する

こちらのルートを取る場合、気をつけないといけないのは「風」、海上は風の影響をもろに受けますので車で進む場合は横風の影響を受けます。スピードには十分に注意しましょう。

また、「浮島JCT」ここはシーズン中大変な渋滞となり、中々木更津迄抜ける事が出来ませんので、別ルートを選択する事を検討しても良いかも知れません。

ー千葉方面から館山道を利用する

穴川IC付近は事故が多いですので、事故渋滞には気をつけましょう。

君津周辺は1車線となっていますので、渋滞が発生しやすいです。途中で高速を降りて「保田小学校」などによりながら一般道を進んでも良いかも知れません。

◯海路を利用する(東京湾フェリー)

私がオススメするのはこちらのルートです。どういったルートを利用しても南房総へ向かうのは時間が掛かります。どうせ時間を使うなら良い景色をみたいと思う方、車の寿命を縮めたくない方(総走行距離は船に車を乗せる分、陸路より有利です)。

横浜横須賀道路を進み「佐原IC」で降りて一般道を進みます。道中の渋滞ポイントは「横須賀駅」近くのイオン前交差点ですがどのシーズンでもそんなに混む気配はありません。

@東京湾観光情報局

上手くフェリーの搭乗時間を合わせると、サンセットクルーズを楽しみながら東京湾を進めます。車運転で疲れたお父さんも疲れが取れるかも知れませんね。

どのルートも最終的に富津館山自動車道へ連結され、「富浦IC」で降りることになります。

目指す先の枇杷倶楽部はこんな形の施設です。周囲の散策や川遊びも出来ますので、是非一度行ってみて下さいね。

@枇杷倶楽部

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする