面接でするべきたった3つの質問

Pocket

面接って緊張しますよね。こんにちわ。Mysteryです。何故面接で緊張するのでしょうか?それは貴方が相手によく見られたいと感じているからです。もっと言えばその企業に入りたいと思っているからです。なので緊張というのは一定に合って良い物だと認識しましょう。・・・といきなりちょっと話がズレてしまいました。今回は面接で効果が見込めるキラーワードを3つご紹介したいと思います。まず就活(転活)で譲れない事は何でしょうか?それは【ブラック職場ではないこと】に尽きると思いますが、これをある程度細分化した質問を相手に嫌な思いをさせることなくすることが重要です。【満足できる給与制度】、【適正な労働時間】は最低限把握していきたいものですよね。


必殺ワード①

「平均勤続年数」

離職率を判定したい時によく用います。離職率が高いと言うのはおおよそ労働環境はよろしくありません。かといって離職率はどのくらいですか?と聞くと相手にとって印象はあまり良くありません。そこで勤続年数(平均勤続年数)を聞く事でおおよその離職率を計ります。会社の勤続年数ですから、この数値と会社の創業年数を比べた時に、明らかに低い数値の場合離職率が高いと推測できます。会社として勤続年数を把握していない事はまずありえないので、この問いかけに素直に回答できない、もしくは回答を渋る時点で離職率が高いと判断できます。離職率が高いという事はその時点でブラックですし、そのような姿勢の企業という判断ができます。上場企業の多くは四季報等に記載があり事前の把握ができますが、非上場企業はこういった事は事前に把握が難しいですので、面接まで行ったら絶対オススメの質問です。

必殺ワード②

「昇給」

賞与、昇給は重要な要素です。賞与は「何ヶ月」と記載がありますが昇給の記載は一般的に無い所が多いです。昇給と言うのは入社後の給与カーブを意味する物ですので労働者としては非常に大事な要素ですが、企業側も人事考課によるので数値としてお答えできません等と中々答えてはくれません。そこで逆手にとって人事考課の平均、もしくは最低評価の条件での昇給実績を教えてくださいと質問しましょう。そこで頑なに答えない姿勢を示す場合は、年齢別の年収モデルを聞くのが良いでしょう。それでも答えられない場合は公表できない数値か、その実績を把握していない事が疑われます。

必殺ワード③

「残業時間」

残業時間は大事です。転活の場合は所属がある程度決まっているのでしやすい質問です。この質問は率直にしても印象は悪くなりませんので、「労働時間を把握したいのですが、所属予定(部平均)の部門の平均残業時間を教えてください」と質問します。同年齢や同ポジションの社員をモデルとした、1日のタイムスケジュールを教えてもらうのも良いですね。最近ワークライフバランスが叫ばれている中で、この質問に真摯に答えられない企業はちょっと敬遠したほうが良さそうです。ハローワーク求人票ですら平均残業時間を記載しますしね。


以上、面接でするべき3つの質問をご紹介しました。どのワードも筆者がよく使い、中々の効果を出しますので、是非お試しくださいね。マイナス要素が有ること、言わなくて良いことは相手は言いません。大事なのは面接の段階では労働者も会社もお互いに選ぶ立場にあるということです。過度な緊張はせず、入ってからわかるような事は是非前もって把握できるよう努めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする